• HOME
  • TOP
  • 未分類
  • ペットの『犬と一緒にラーメンを楽しめるラーメン店』大分に開店

ペットの『犬と一緒にラーメンを楽しめるラーメン店』大分に開店

未分類

愛犬家の悩みというのは、いつの時代も一緒に出掛けられる飲食店が少ないということ。
確かに全ての飼い犬が衛生的だとは言えませんし、犬が大っ嫌いだという方も居られます。この悩みは愛煙家のそれと似ていて、喫煙席と禁煙席ならぬ愛犬席と嫌犬席という形に分けることで両者共存が成り立っているのが現状です。
ですが愛煙家の人口と愛犬家の人口は、単純に愛煙家の方が多いであろうと考えられ、喫煙可能な飲食店のように犬を連れて入れる飲食店というのがどこにでもあるわけでなありません。

そんな状況を見た愛犬家が一念発起したラーメン店が本日大分県大分市にオープンしました。
これを報じた大分経済新聞によりますと、大分にお店を開いた店主の清水昌明さん(57) は長年技術畑でお仕事されてきたそうで、2012年の転勤を機に「次のステージを」と考えお店を開くことを決めたそうです。
犬との利用には

犬の入店ができるように調理場にドアを取り付け、テラス席を設け、犬専用のクッションも用意した。犬と一緒に利用できるのは平日13時以降と土曜・日曜。

大分経済新聞

とのこと。愛犬家である清水さんの心遣いが憎いですね。

肝心なラーメンの味は

次に気になるのはラーメンの味

「風太のラーメン」(680円)は、魚介と鶏で作る透き通ったスープと全粒粉を使った自家製麺が特徴。化学調味料や保存料などは使わない。自慢の麺は同料金で80グラムから140グラムまでを選べるようにした。「多加水麺なので細いながらも食感はもちもちとしている。食べ応えはあると思う」。トッピングはチャーシュー、メンマ、タケノコ、ホウレンソウ、ネギ。肩ロースのチャーシューは70度の低温調理でしっとりと仕上げた。大盛りは200円増し。このほか、味付け卵入り(780円)、チャーシュー麺(880円)、チャーシュー丼(300円)など。

大分経済新聞

浜っ子である清水さんが製麺所で修業した末にたどり着いたラーメンで横浜ラーメン&カフェを掲げて営業するとのこと。
愛犬家のくつろげるお店がまた1つ増えましたね。大分市の方はぜひお立ち寄りくださいませ。

大分経済新聞のスクリーンショット。クリックすると該当ページに移動します。

引用元:https://oita.keizai.biz/headline/1182/

JAPANALOT編集部

74,731 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish