• HOME
  • TOP
  • 未分類
  • 『神戸メリケンパークオリエンタルホテル』ステーキハウスと 希少食材のコラボレーション

『神戸メリケンパークオリエンタルホテル』ステーキハウスと 希少食材のコラボレーション

未分類

神戸メリケンパークオリエンタルホテル内ステーキハウス「オリエンタル」では2019年度のコラボレーション企画として、希少な食材をとりあげています。
第2弾となる6月の食材は、六甲山の険しい山肌で見つかった幻の有馬山椒の復活プロジェクトを推進する有馬温泉とタッグを組んで『有馬山椒』を取り上げます。
6月1日(土)~30日(日)の1ヶ月実施となり、ランチコース7,000円、ディナーコース14,000円(いずれも税金・サービス料込み)で味わうことが可能です。

「有馬山椒」の料理イメージ
「有馬山椒」の料理イメージ

【概 要】

店  舗:ステーキハウス「オリエンタル」(14階)

提供期間: 
2019年6月1日(土)~30日(日)
ランチ  11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナー 17:30~22:00(ラストオーダー21:00)
*土日祝は17:00~

料  金: 
ランチコース7,000円
ディナーコース 14,000円
*いずれも税金・サービス料込み

お問い合わせ先:レストラン予約 078-325-8110(受付時間10:00-20:00)

神付ふるさと村にて有馬山椒復活プロジェクトの金井庸泰さん、農園を任されている中川優さん、鍬先料理長。稲荷山の花山椒用の雄の木 

神付ふるさと村にて有馬山椒復活プロジェクトの金井庸泰さん、農園を任されている中川優さん、鍬先料理長。稲荷山の花山椒用の雄の木 

湯船谷の実山椒用の雌の木

湯船谷の実山椒用の雌の木

湯船谷は鋭い棘とシトラスの強い香りが特長

湯船谷は鋭い棘とシトラスの強い香りが特長

日本料理で「有馬」といえば山椒を用いた料理を指すくらい、日本三古湯の一つである有馬温泉と山椒の繋がりは深いものがあります。明治初期に山椒の実を醤油煮にした“有馬山椒”という土産ものが全国に知れ渡り山椒を用いたものを“有馬”の名をつけて呼ぶようになったといわれている由縁です。有馬では山椒の花、実、葉、皮を食用に使うのが他の土地の山椒と異なります。辛皮(からか)という佃煮として木の皮も使用します。少し口にするだけですごく“痺れる”。その“痺れる旨さ”が面白いと人気商品になってきたそうです。他にも有馬山椒が他と異なるユニークな点は、レモン果実のフルーツ臭であるシトロネラールを多く含んでおり、柑橘系の香りが強いことがあります。

『有馬山椒復活プロジェクト』を推進するのは、「協同組合有馬のごちそう」の方々です。10年前に山で見つけた木を県に生育を委託し、4年前から神戸市北区大沢(おおぞう)の農家8人が有馬山椒部会として育成を任されてきました。旧有馬郡で育てたいとの思いから、この地が選ばれました。苗木は稲荷山と湯船谷の2種類。2つの山で見つけた有馬山椒です。原木は危険な山肌にあり、近づくのは容易ではありません。今回、鍬先が花山椒の収穫に参加した神付(かんづけ)ふるさと村の中川優(まさる)さんを含め、8人がお互いの農家をサポートしあいながら、有馬山椒の商品化に努めています。(昨年有馬山椒復活プロジェクトを立ち上げた際のリーダーで、有馬温泉観光協会青年部山椒活性化事業マネージャーの金井庸泰(かない のぶやす)さんの談話より)

5年から10年で、山椒を摘むほどに成長が見込めるとのことで、10年になる今年は復活が期待できそうという情報を得て、ステーキハウス「オリエンタル」の料理長鍬先章太がまぼろしの「有馬山椒」とのコラボレーションを企画しました。

料理は、有馬の特長的なものを最大限に活かします。有馬温泉といえば誰でも食べたことがある『炭酸煎餅』を始め、但馬の牛、瀬戸内海の幸、兵庫県の野菜など昔から使っている食材。山の中に位置する有馬温泉だからこそ、有馬温泉のおもてなし料理は色々なところから食材を集めてくるごちそう文化があります。また、一寸豆(そら豆)など有馬三恩人と言われる、行基菩薩、仁西上人、豊臣秀吉に縁のある食材を予定しています。

「ポイントとしては、レモンの香り成分シトロネラール、山椒オール辛味成分、芳香成分のゲランオールを全体で使い分けて飽きのこないコースです。
数年後に『有馬山椒』の価値観を高めるプロジェクトであり、世界的に人気が出ている山椒を盛り上げてまいります。身近な食材である山椒はややもすると、たかが山椒と思われてしまうかもしれませんが、未知の生態をもつ食材だからこそ“チャレンジ”します。」と、鍬先は仕掛けを楽しんでいます。

JAPANALOT編集部

62,503 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish