東洋水産『マルちゃん麺づくり鶏ガラ醤油』食べてみた

未分類

カップラーメン枠を思うがままに操るジャパナロット編集部です。
他のライターさんが現地取材を報告するなか、事務所でお昼休みに記事を書くという不躾な対応にて執筆していますことをお許しください。

さて今回のカップラーメンは『マルちゃん麺づくり鶏ガラ醤油』です。

マルちゃんといえば


という具合に結構頻繁に登場しています。東洋水産さんの指金ではなく、近所のスーパーが仕入れているというのが主な理由ですが、今回も東洋水産さんのカップラーメンをご紹介します。

中身は?

カロリーは297キロカロリーとカップラーメンの中では控えめではないでしょうか?アレルギーには乳成分が含まれていますね。見た目からは想像できないのですので、乳成分アレルギーをお持ちの方は注意してください。

麺の量は全体97グラムに対して65グラム。必要なお湯の量は410ミリリットルです。65グラムだとおなかが空いて仕方がないという時には、物足りないかもしれません。

調理開始

今回の待ち時間は4分。ノンフライ細麺だからということでしょうね。ノンフライだからカロリーも控えめということ。1分は健康のためだと思って待ちましょう。

左からかやく、液体スープ、焼きのりが内容物。かやくは葱とメンマとなるとが見えますね。焼きのりは以前の琴平荘でも付属されていたので、覚えているのですがとっても薫り高くなって素敵なアクセントになります。期待が高まります。

チャーシューは今回見つかりませんでした。チャーシュー好きにはがっかり情報でしょうか。僕はメンマが大好きなので、メンマがたくさんでうれしい限りです。

お湯を注ぎます。この時点では、何の香もありませんね。ひとまずこれで調理完了。

蓋の上で液体スープを温めて4分間待ちます。

実食

さて4分が立ちましたので、ふたを開けてみたいと思います。

ちょっとお湯がにごりだしていますね。ノンフライ麺のつやがたまりません。

液体スープを投入!一気にひろがる鶏ガラの香!醤油の香ばしい香!来ました。これは間違いない名作の予感です。

香をブーストさせるのに一役買うのが、この焼きのり。
あえてスープにひたひたにして、スープに溶け込ませるが僕流です。

麺はさすがノンフライ麺。このプリプリ感。乾麺には出せないクオリティですよね。ではいただきます!

感想

鶏ガラの香りと醤油の塩気が合わさって、何とも言えない奥深い味わいでした。麺が主役なカップラーメンなのかと思いきや、印象に残るのはやはりスープです。このスープの奥深さはエースコックさんのスーパーカップにも負けないと思います。
麺の方は、さすがマルちゃんです。歯ごたえも喉越しもカップラーメンとは思えぬ質感で、カップラーメンに飽きた人でもきっと「おいしい!」と思えてしまうことでしょう。
ものの15分で食してしまいましたが、次回も購入したいなと思いました。
ぜひカップラーメンの1つの到達点である麺づくりを味わってみてくださいね。

JAPANALOT編集部

36,541 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish