• HOME
  • TOP
  • 未分類
  • 目の前に広がる瀬戸内海を眺めながら、『凪の蔵』で絶景ランチ!

目の前に広がる瀬戸内海を眺めながら、『凪の蔵』で絶景ランチ!

未分類

米紙ニューヨーク・タイムズが選出した「2019年に行くべきデスティネーション」に、「Setouchi Islands(瀬戸内の島々)」として選出され、盛り上がりを見せる広島県東広島市安芸津町。

“海の前の台所”こと、『凪の蔵』で季節限定の『マリンビューランチ』を楽しんできました。

広島県の瀬戸内海沿いを走る国道185号線の中央付近、東広島市安芸津町(最寄り駅はJR呉線風早駅)に店を構える『凪の蔵』。

店名の通り、酒蔵を思わせるような風情ある佇まいの建物です。

外観

入店後、和モダンな雰囲気のテーブル席に案内されましたが、まず目についたのが、大きなガラス扉で仕切られたテラス席。

テラス席

からの・・・

絶景の瀬戸内海!

波ひとつない穏やかなべた凪の海に、店名の秀逸なセンスを感じました。

写真右端に浮かぶ四角い『いかだ』のようなものは、牡蠣を養殖するいかだのようで、ここ安芸津町も、県内有数の牡蠣の産地だそうです。

さて、注目のランチですが、『マリンビューランチ』という旬の食材を使った月替わりのランチメニューをいただきました。

6月のマリンビューランチ

刺身、キスの天ぷらなどの海の幸を中心に、安芸津町名産のじゃがいもを使ったコロッケなどがワンプレートにきれいに盛り付けられています。

その中で最も私を悩ませた品とは・・・

鯵の身を叩いて、つくねのように仕上げたもので、メニュー表には『鯵のさんが焼き』と書かれており、単品メニューとしても今月のおすすめメニューになっていました。

何に悩まされたかって、まぁ進む進む。ごはんが・・・。育ち盛りのお子様に家計を悩ませるお母さま方必見の一品です!

ってことは、ビールが飲みたくなる。

濃厚な味噌の味に続いて、若干パンチの効いた生姜の香りが口の中に広がります。それでいてもたつかないのは、新鮮な鯵のうま味とさっぱりしたレモンの酸味のせいでしょうか。

サイズ的には、お弁当に入っているようなミニハンバーグくらいの大きさですが、これ一つで生中なら4.5杯、大なら3杯はいけます。

テーブルの上に置いた車のキーと数秒にらめっこした後、早々に茶碗のごはんを平らげ、おかわりの注文することで、ビールへの未練を断ち切った次第です。

食後には、これまた地元の名産という『びわ』を載せたケーキに、ドリンクも付いていました。

デザートは、テラス席でのんびり海を眺めながら食べさせていただきました。

これだけ付いて1380円。

もれなくこの景色も付いてきます。

久しぶりの満足のいくランチタイムでした。

5月のマリンビューランチ

店舗詳細

店名 凪の蔵 

住所  広島県東広島市安芸津町風早647-4

JR呉線 風早駅から徒歩数十歩

電話  0846-45-0256

営業時間 11:30~14:00  17:30~24:00

日曜営業 定休日 火曜日

JAPANALOT編集部

75,310 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish