• HOME
  • TOP
  • 未分類
  • 山形県の幻のラーメン店の味を自宅で味わえちゃう『カップ麺』

山形県の幻のラーメン店の味を自宅で味わえちゃう『カップ麺』

未分類

ラーメンばかり記事にしてすみません。そんな気持ちが筆を重くする今日この頃ですが、以前のご当地ラーメンの紹介記事にて山形県の名店3店をご紹介しましたが、その中で触れている「琴平荘」のラーメンがなんと、カップ麺になって発売されていましたので実食してみました!

こちらのカップ麺は東洋水産が製造販売しているみたいで、カップラーメンブログの「本日の一杯」によると、どうやらファミマ限定のカップラーメンのようです。

製造はマルちゃんこと東洋水産(とうようすいさん)が担当しているファミリーマート限定・数量限定のカップ麺で、「琴平荘」の「中華そば」を再現したカップ麺は以前にも何度か発売されているのですが、サークルK・サンクスとファミリーマートが統合する以前はサークルKサンクス限定発売品でした。

本日の一杯

以前から販売されてたんですね。
今回は1月15日発売とのことで、まだまだ手に入れられるかもしれません。それにしても山形県の記事を書いてなければ知らなかったラーメンですから、なんだか勝手に運命的な出会いを感じます。

さてお値段ですが、税抜きで258円とちょっとお高めなんですよね。
全国のファミリーマートで手に入るのですが「さてお昼はちょっと節約してカップ麺にしよう」と思うような方には、この値段だとちょっと躊躇しちゃいそうですね。
でもマルちゃん正麺の東洋水産ですから、味やクオリティへの期待に胸は膨らみます。

いよいよラーメンを実食

お湯を注ぎます。スープは液体のものでした。海苔とチャーシューと葱が主なかやくです。
お湯を入れてから待つ時間は5分ほどかかります。待ち時間は長めですが、見た感じはこんな感じ。
スープのいい香りが広がります。

写真が下手で申し訳ないのです。ちなみに本物はこちら

スープの色が良いですね。山形県に行くなんて、なかなかできない者にとっては本当にうれしい一杯です。
実際の物と比べることはできないのですが、それでもなんだか幸せな気分。

よっこらしょっと麺を持ち上げると。美しいお色。
さすが東洋水産とでもいうべきクオリティを放っております。おいしそうです。

さすが東洋水産という麺のクオリティのラーメンに大満足

この先の画像はないんです。申し訳ないです。
ないのは本当にこのカップラーメンがおいしかったから。
ただがむしゃらラーメンをすすり、お昼休みのわずかな時間の全てをラーメンに集中したものですから、画像を撮ることをすっかり忘れてしまっておりました。

感想から申し上げると、本物を知らないので比較という意味では何とも言えませんが、かなり美味しかったです。
麺がやっぱりインスタントらしからぬクオリティなので、そこの贅沢感と満足感は値段の価値があると思えますので、十分に満たされます。
あとスープは濃厚です。魚介系なんですけど、えぐみもなくてとっても香ばしい。ごくごくのんじゃうと体にはきっと良くないのでしょうが、ついつい飲み干しそうなおいしさ。
お値段は高めですが、味気ないランチをちょっと豪華にしてくれます。期間限定の商品だと思われますので、ぜひお買い求めはお早めに。

カップ麺も日本の文化ですので、今後は紹介していくのもありかなぁとか思いました。

JAPANALOT編集部

63,290 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish