『麺や マルショウ』の醤油中華そばは食べなきゃ損!

gourmet

何度も食べたくなるラーメン

大阪のおいしいラーメン店は数あれど、ここの中華そばほど何度も食べたくなるラーメンは他にはない。

そんな筆者がはまりにはまったラーメンをご紹介します。

今回ご紹介する場所は阪急三番街の地下にあるフードコート内に出店している麺やマルショウさん。

ここはフードコートなので好きな店舗のものを持ち寄って食事ができるスペースなんです。詳しくは下記の公式をチェックしてみてください。

UMEDA FOOD HALL 公式HP

数ある名店が立ち並ぶUMEDA FOOD HALLの中から、今回はチョイスしたのは、もちろん『麺やマルショウ』さん。
この店舗以外にも新大阪駅の建物内や池田の方にも店舗が合って、意外と大阪内の色んな所で味わえるラーメン店となりました。

メニュー

こちらがメニュー。看板メニューは「台湾まぜそば」なんですが、今回はあえて醤油中華そばをチョイスして、レポートします。

クレジットカード決済はもちろん、電子マネー系も少しですが入っているので現金が無くても安心。昨今現金を持ち歩かないというユーザーにとっても、非常に助かるのがこの現金以外の決済方法。

注文後にはフードコートなので名物の番号札が手渡されます。なので少し離れていても、安心です。料理の出来上がりはしっかり教えてくれます。

なので注文してから座席を探すのも、広い店内でも問題ないと思います。おすすめは先に座席確保することです。

食べましょう!

呼び出しがかかって、取りにいくとそこにはこの通り。真っ黒なスープに麺が見えないほどのチャーシュー。白ネギとカイワレが彩を添えています。
ところどころに浮かんだひき肉のような背油のようなのが、おいしそうなビジュアルを盛り立てています。

さらに、このたっぷり目にかかっている黒コショウが最強のアクセントになっているのです。ピリッとしたでも後味すっきりな美味しさの隠し味はこの黒コショウなのかもしれません。

麺は少し平たい印象。コシがあって噛むたびにこりこりするような食感を楽しめます。スープの甘みと麺の甘みが口に広がるのが一口目の印象。この味はくせになりそう。

で、スープなんですが真っ黒なのに全然濃すぎないという。これには秘密があって、醤油スープの中には実は黒酢が混ぜこまれているのです。この黒酢の酸味と醤油のコクが、麺の甘みと合わさってまさに絶妙な味わい。
お肉の油の甘みなどが加わっているのですが、それらがちょうどいいバランスで合わさっているという、塩味・酸味・甘みの三位一体がなによりこのラーメンのだいご味と言えそうです。

大盛で次は食してみようと思います。
ぜひぜひ大阪に来た際には、阪急三番街のフードコート内麺やマルショウをお楽しみください。

麺や マルショウ

住所: 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目1−3 阪急三番街 北館B2

電話番号: 06-6359-3323

定休日:なし

JAPANALOT編集部

75,229 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish