関西ライト豚骨の雄・十三『ラーメン担担』

未分類

関西ライト豚骨

“関西ライト豚骨”と聞いてピンとくる人はラーメン通と言っていいでしょう。

九州の博多や久留米のそれとはまた違う味わいの、関西圏で発展した“豚骨スープ”を指します。

この関西独特のスープのラーメンを提供しているのが『十三ラーメン担担』です。

創業1984年

阪急十三駅の西口改札そばにお店があり、神戸線のホームにまで豚骨スープの薫りをふりまいていましたが、2014年の周辺火災の影響を受けて惜しまれつつ閉店。

およそ2年を経て今度は東口エリアに復活しました。

多くのファンを持つ名店の復活にラーメンファンが皆歓喜したあの日を思い出します。

阪急梅田駅から2駅。

京都、宝塚、神戸の各線が停車する十三駅の東口改札を出てアーケード内を左手に歩く事5分の場所にお店はあります。

ご夫婦と思わしき大将と女将さんの2人が切り盛りする店内は、いつもお客さんでいっぱいです。

メニューはラーメンだけ。

注文せずとも着席すればスッと提供されます。

その際このお店では「ごはんは?」と聞かれますので、必要か不要かを答えるだけです。

なんと、ご飯は無料で2杯までお代わりができます。

そう、このお店ではラーメンのおかずが“ご飯”なのです。

一杯700円のラーメンにご飯が2杯無料ですよ!

卓上にはキムチ、味付けニラ、紅しょうが、刻みニンニクが置いてありこちらも無料で提供されています。

豚骨、鶏ガラ、モミジの旨味とコクをたっぷり含んだスープに独自のタレを合わせた一杯は、胡麻油の香りがほんのりと漂い、中細の麺を啜りあげると至福の喜びを連れてきてくれます。

この日はご飯をお願いして、卓上のキムチ、ニラ、そして丼からチャーシューを乗せて作った「勝手丼」をお供に、ラーメンには途中からニラ、ニンニクを加え、所謂味変をしながら歴史ある一杯を楽しみました。

老舗のお店がまとう味わいは、老若男女問わず好かれる味です。

是非実食を。

十三ラーメン 担担

  • 大阪市淀川区十三東2-11-6
  • 阪急十三駅 東口改札より徒歩すぐ
  • 営業時間 17時〜24時30分
  • 定休日 日曜日

肉団子

1,476 views

抑えきれない食への欲望で毎月財布が炎上している関西人です。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish