• HOME
  • TOP
  • 未分類
  • 『ブルガリ』が「ビー・ゼロワン」生誕20周年アニバーサリーイベントを大阪にて開催

『ブルガリ』が「ビー・ゼロワン」生誕20周年アニバーサリーイベントを大阪にて開催

未分類

2019年3月7日-ブルガリはアイコン「ビー・ゼロワン」の生誕20周年を祝したアニバーサリーイベントを大阪文化館・天保山にて開催し、ブルガリ アンバサダーであるモデルのKōki,が「ビー・ゼロワン」を纏い、登場しました。

ブルガリが関西でイベントを開催するのは、今年で2回目でした。

ブルガリはローマの街に息づく美を宿し、ローマ人の情熱と人生における歓びを享受する気質をブルガリ・スタイルと捉えており、大阪の街から感じる彩りや豊かさがローマ人の情熱と人生を謳歌する気質に通ずると考え、同イベントを大阪にて実施いたしました。

2月にグローバルで開催された20周年アニバーサリーイベントは、現代建築を代表するイタリアの建築家レンツォ・ピアノによるローマの「オーディトリウム パルコ デッラムジカ」にて開催され、「ビー・ゼロワン」のインスピレーションソースであるローマの円形建築物を讃えました。日本でのアニバーサリーイベントは、コンテンポラリーさと独特なデザイン性、円を主体としたデザインとの密接なつながりを彷彿させることから建築家の安藤忠雄氏が設計した大阪文化館・天保山にて開催する運びとなりました。 

ブルガリ ジャパン株式会社 代表取締役社長 ウォルター・ボロニーノは、次のように述べました。

「『ビー・ゼロワン』は20年前にローマのコロセウムから着想を得て誕生し、そのコンテンポラリーなデザインにより人々を魅了してきました。誕生当時のインスピレーションは変わらぬまま、革新的なデザインを生みつづけることで、誕生以来、世代を超えて世界中の人々を魅了しつづける存在になっていると思います。本日は、2月にローマの『オーディトリウム パルコ デッラムジカ』にて実施したビー・ゼロワン20周年イベントにつづき、ビー・ゼロワンが宿す建築美を讃え、日本とイタリアをつなぐ場所として安藤忠雄氏が設計されたこの素晴らしい大阪文化館・天保山にてアニバーサリーイベントを実施することができ、とても光栄に思います」

新作「ビー・ゼロワン」を纏い、誕生20周年を祝福するスペシャルゲストとして登場したKōki,は、次のようにコメントを寄せました。

「『ビー・ゼロワン』を初め、ブルガリの多くのジュエリーは、ローマの街からインスパイアされているので、ブルガリを身に纏うということは、ブルガリが愛するローマの一部を纏うということなのだと思います。(今年でビー・ゼロワンは20周年を迎えましたが)私が20歳になる頃には、様々な経験を積み重ね、ブルガリのジュエリーに相応しい、エレガントで心が強い女性になりたいと思います」

2019年2月にローマで開催されたビー・ゼロワンのグローバルイベントにも出席したKōki,は、次のように言葉を続けました。

「ローマのイベントでは、各国のアンバサダーの方々と交流させていただき、たくさんの刺激を受けました。ローマには街中に遺跡があり、オレンジ色の太陽の光に溢れた温かな街で、とても好きになりました。ローマのブルガリの本店は格式があり、2階にあるアーカイブジュエリーの展示室では、エリザベス・テイラーさんが愛用されていたネックレスを見させていただいて、大変感動しました。大阪は(ローマのように)活気に溢れていて、人々もパッショネイト(情熱的)で優しく、食べ物も美味しくて大好きです」

JAPANALOT編集部

62,940 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish