時計専門メーカーがBUSHIPS腕時計を完全復刻

fashion

120年の歴史を持つ、日本最初期時計メーカー「村松時計製作所」のオリジナル時計製作部門として発足した株式会社モントルロロイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役宮澤潤)が、2020年2月17日よりクラウドファンディング”マクアケ”にて米海軍BUSHIPS時計を先行割引販売を開始、わずか3日間で目標額(150,000円)の300%を達成。
https://www.makuake.com/project/buship/



軍用時計シリーズの第2弾として1940年代~50年代に米海軍特殊部隊、水中爆破チーム(UDT = Underwater Demolition Team)の隊員用に開発された特殊防水腕時計BUSHIPSを復刻販売
その大型ねじ込み式防水キャップが特徴あるこのモデルは、軍モノ腕時計の中で不動の人気機種。
米海軍の特殊部隊であるUDT(UNDERWATER DEMOLITION TEAM)水中爆破チーム(米国ネイビーシールズの前身)が使用した腕時計で、リューズ部分にパッキンが入った大型のキャップを付けることで、防水性能をあげている。UDTの任務は強襲上陸作戦に先立って海中や海岸から機雷や障害物を取り除く事であった為、隊員の時計には水中での作業にも耐えうる防水機能が必要だった。この大きなリュウズキャップ形状からキャンティーンcantee(水筒)と呼ばれていた。
文字盤と裏蓋に刻印された「BUSHIPs」とはBureau of Shipsの略で艦艇局を意味している。

クラウドファンディングマクアケにて先行割引販売開始
https://www.makuake.com/project/buship/

仕様:本体(ステンレス) 10ATM防水仕様/ドーム型ミネラルガラス
国産 3針クオーツ /SR626SWボタン電池
16mm幅 布製ベルトorナイロンNATOベルト(長さ250mm)
定価¥23,000

会社概要
株式会社モントルロロイは日本の最初期(1893年)の時計製作会社「村松時計製作所」のオリジナルブランド部門として発足。明治天皇の時計を修理した事より宮内庁御用達になる。いつの時代も愛される時計創りを目指し、PRINCE,KEYFORD,SIROのブランドを展開、この度新しくミリタリー時計シリーズを展開。ミリタリー時計第2弾としてBUSHIPS時計を販売開始。

JAPANALOT編集部

69,073 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish