日本最大のドローン専門展 Japan Drone 2020

events

【Japan Drone 2020について】

名称:Japan Drone 2020 Expo for Commercial UAS Market
< https://ssl.japan-drone.com/index.html >
会期:2020年3月25日(水)・26日(木)・27日(金)
会場:千葉幕張メッセ

2016年に初開催され、今回で第5回目を迎えるこのイベントは、日本で初めての
本格的な民生用・商業用のドローン市場に向けたイベントであり、日本のドローン技術を広く世界に発信すると同時に、ベンチャー企業の多いドローン産業にとっての実践的な商談の場を提供する。

イベント内容

「Japan Drone 2020」では昨年同様、よりビジネス to ビジネス色を強め、
更なる国際化の推進をするため、ドローンを活用したい産業分野のビジネスパーソンを対象に、1月30日より来場の登録を開始している。

また、会場内での効率的で円滑なビジネスミーティングをサポートするため、事前に来場登録を行うことで出展者情報や来場者情報の一部を事前にWebで確認できる無料のビジネスマッチングサービス「EventHub」が導入されている。こちらを活用することで、企業担当者との面談の検索やアポイントメントの予約などを、事務局を介さずに取りを行うことが可能だ。

展示会や国際コンファレンス(講演)以外にも「Drone Movie Contest 2020」、「JUIDA SCHOOL AWARDS 2020」、「Best of Japan Drone Award 2020」などのイベントも開催される。

引用元: https://ssl.japan-drone.com/index.html

大型ドローン含む注目の出展者/出展品等のご紹介

本年度より、年々高まる大型ドローンの需要に合わせて、新たに大型ドローンゾーンを展示会場内に新設。国内外から、全長5m以上または自重50kg以上の機体を多数展示予定。これら大型ドローンを含め、現時点で予定されている出展者の一部を以下に紹介する

■[大型ドローン]テラ・ラボ:
翼長8mの高高度長距離飛行ドローン(一般ゾーンに出展)
■[大型ドローン]スカイリンクテクノロジーズ/P.P.K.P -パーソナルプレーン開発プロジェクト-:
経済産業省から航空機製造の許可を得て開発をすすめている大型ドローンの機体
■[大型ドローン]エバーブルーテクノロジーズ:
漁業の際に魚群探知を無人で行う探索船「Fisherdrone」
(自動操船ヨット技術を離島間の自動操船海上タクシーに実装した水上ドローン)
■[大型ドローン]スペースエンターテインメントラボラトリー:
高い飛行性能と洋上使用を想定した飛行艇型ドローン
■[大型ドローン]テクノシステム/湘南工科大学/サレジオ高等専門学校:
容積量250kgを可能にした超大型スペースフレームドローン

※上記大型ドローンのイメージ図および詳細を、下記リンクにて確認できる。
< https://1drv.ms/b/s!AmDvBwp-6ntwbUhT3uq9Iq4pFv4 >

■上記以外の出展者について
・エアロディベロップメントジャパン:
次世代大型ドローン用ハイブリッドエンジン
・Pix4D:
マッピングソリューションなどのソフトウェアで世界トップクラスのブランド。
農業用、測量用ドローンに搭載する最新ソフトウェア公開予定
・エアロセンス:
固定翼VTOL(自律飛行・垂直離着陸型 固定翼高速ドローン):「AEROBO Wing」
・ヤマハ発動機:
ドローン用シリーズハイブリッドユニット コンセプトモデル
・Beijing TT Aviation Technology:
TTA M6E-X Agriculture Drone(農業用ドローン)
・その他:
エアロジーラボ、Autel Robotics、General Atomics Aeronautical Systems、
その他国内外の企業が多数出展

2019年度の様子 引用元: https://ssl.japan-drone.com/index.html

基調講演(無料)

基調講演では、世界最大手のドローンメーカーであるDJI社の公共安全統括部門のシニアディレクターロメオ・ダーシャー(Romeo Durscher)氏、史上初めて
商用ヘリコプターの認可を得た米ベル・ヘリコプター日本支社の営業部長の正村卓也氏、そして世界的なドローン市場のリサーチャーであるDrone Industry Insights(独)の幹部ヘンドリック・ボーデッカー(Hendrik Boedecker)氏、プレシジョン・ホーク(PrecisionHawk)社の幹部らが開催日ごとに講演する。

●特別講演(無料)
特別講演では、利活用促進に向けた官公庁の取り組みや国際標準化、災害時における無人機による情報収集システム、この春に全面開所する福島ロボットテストフィールド(RTF)他、豊富な内容を取り上げる。

ドローン・イノベーションセミナー(有料)

有料のDrone Innovation Seminarには、法的リスクや関連法規、農業、有人機との共存、物流と配送等、ドローン関連事業者、ドローンパイロット必聴のテーマ別セミナーが用意されている。

※講演内容は抜粋して掲載しており、掲載されている内容は変更になる場合があります。

※現在決定している主な講演を、下記リンクにてご確認いただけます
< https://1drv.ms/b/s!AmDvBwp-6ntwbnJjvU-sVsPaVTU >

※セッション内容や開催日時につきましては、決まり次第ホームぺージに
掲示させていただきます。
< https://ssl.japan-drone.com/conference/index.html >

JAPANALOT編集部

62,478 views

ジャパナロット編集部です。 楽しく愉快に、日本のあれこれご紹介します。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ArabicChinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish